5,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料

重要なお知らせ

  1. TOP
  2. Bioderma Diary
  3. なじみがよくて「しゃれ見え」な、春感あふれる旬顔メイク

スキンケア恋愛ライフスタイルキャリアメイク・ファッション

なじみがよくて「しゃれ見え」な、春感あふれる旬顔メイク

気分も新たに、エネルギーもみなぎるワクワクする季節。冬物はしまって、春の軽やかなファッションに着替えたら、メイクも変えてパステルカラーやビタミンカラーなど陽気な色を纏いたい…。女性誌で活躍する人気ヘアメイクアップアーティストの室橋佑紀さんに、「しゃれ見え」でこなれた印象の、この春の最旬メイクを伺いました。

春めく元気な色はシアーなものをセレクト、ブラウンに重ねて失敗ナシ

パステルカラーやビタミンカラーなど明るい色に心惹かれる春。幸福感にあふれた色、生き生きとしたジューシーな色など、この春のメイクは鮮やかなカラーが豊富。メイクも春仕様にシフトして、たくさんおしゃれを楽しみたい!

でも、何から取り入れればいいのかわからなかったり、自己流で取り入れてみたものの、ファッションに合わず、メイクだけ悪目立ちしてしまったりすることも少なくありません。そこで、人気ヘアメイクアップアーティストの室橋佑紀さんにこの春おすすめのメイクを伺いました。

「今年は、一見すると派手に見える、ビビッドなアイシャドウが豊作です。とはいえ、塗ってみると、パレットに入っている見たままの色とは違って、どこかセンシュアルな柔らかでフレッシュな雰囲気を纏わせてくれる、透け感のある発色。アイメイクにこの春らしい少し派手な色をあえて選んで、今年らしい旬の色味にアップデートするのがイチオシです。3~4色セットになったアイシャドウではなく、単色のアイシャドウを選べば、失敗も出費も怖くありません」(室橋さん)。

今年っぽい単色のアイシャドウを1つ投入。その他は、誰でも1つは持っているブラウンのアイシャドウでOK、というからトライしやすいはず。その使い方を下記で詳しく解説していきます。

ブラウンベースに派手色をひとはけ、春らしさ満開な目元

「誰でも似合う、間違いない!品がありながらも今年らしい『しゃれ感』のある目元を誰でもかなえられるんです」と、ヘアメイク室橋さんイチオシのアイメイク。

いつも使っている、手持ちのブラウンのアイシャドウをまず上まぶた全体と下まぶたの際にぼかします。次に、上まぶたの黒目の上に、かまぼこ状に派手色アイシャドウを指でさっと重ねるだけ。定番のブラウンを仕込んでおいてから、その上に派手色シャドウをひとはけするので、旬の派手色もまぶたの上で浮きすぎず印象的になり、手持ちのブラウンシャドウで実用的かつトレンド感ある目元に仕上がります。派手色を選ぶなら、ぜひ、シアーな発色のものを。このプラス1で、目もとにハッピー感が宿ります。

くすみとツヤ感が同居したぽってりリップ

目元にインパクトのある色を取り入れた分、口元は主張しすぎないナチュラルでヘルシーなヌード系の色味を合わせるのがちょうどいい感じ。マットすぎず、ツヤすぎず、するするっとなめらかにのびるセミマットの質感で、オレンジのヘルシーさとピンクのかわいらしさをミックスしたような、ピーチピンクの口紅は、1本あるとどんなメイクにも合わせやすいのでおすすめです。輪郭に合わせてラフに塗ると、ふっくら優しい丸みをおび、程よいカジュアル感とあか抜けたラフ感で今っぽさが叶います。

目元で遊んだ分、チークはコンパクトに引き算を

目元に華やかな個性カラーを盛ったので、チークは引き算のしどころ。春に咲き乱れる花のような、オレンジとピンクを混ぜて、チアフルな血色感をふんわりとオン。頬の色みは控えめにしたいので、黒目の真下より外側から、コンパクトな逆三角形を描くようにオン。色の面積は小さく、もともとの肌色がほわっと上気したような自然な感じに仕上げるのがベスト。目元の印象とケンカせず、バランスを中和するようになじませるくらいの控えめ感が◎。

最旬メイクを楽しんだら、ふきとりクレンジングでさっぱり素肌に

オールインワン/スタイリスト私物、イヤカフ 3,300円・ネックレス2,900円/ともにサンポークリエイト(アネモネTel:082−248−6226)

好感度が高く、定番のブラウンやサーモンピンクなどを使いつつも、今季流行のシア―な派手色アイシャドウをプラス1するだけで、軽やかであか抜けたヘルシーな印象の目元に。旬のビタミンカラーやパステルカラーのファッションをグンとこなれて見せてくれるから、親しみやすくておしゃれな人、という印象アップにも効果的なメイクです。

この春夏の最旬メイクを楽しんだ後は、クレンジングが欠かせません。肌にメイク汚れが残ると、くすみや吹き出物など肌トラブルの原因にもなるので、うるおいを保ちながら、みずみずしくさっぱりオフできる、「ピグメンビオ エイチツーオー ホワイト」がおすすめ。メイクの映えるクリアな肌に整えます。


Photos/Kayo Takashima
Hair&Make-up/Yuki Murohashi (ROI)
Stylist/Yuko Hodono
Model/Ema Koyama
Text/Yuka Hanyuda

【おすすめの記事】

Supported by All About

ビオデルマについて
Savingskin&more
Bioderma Diary
オンライン肌チェック
お肌について
スキンケアアドバイス
キャンセル