キャンペーン一覧はこちら

キャンペーン
一覧はこちら

ベスコス受賞記念!!20%OFFクーポン実施中

  1. TOP
  2. お肌について
  3. 乾燥肌

乾燥を繰り返す肌

皮膚への働き

表皮は、バリアとして空気中の刺激物や異物が体内に入ってくるのを防いだり、逆に皮膚の内側にある水分が失われないようにしたりする、重要な役割を果たしています。
しかし、遺伝的な体質やストレス、気候変化、環境などさまざまな要因によってバリア機能が低下することがあります。
バリア機能が低下すると、水分が失われ、乾燥肌またはドライスキンと呼ばれる状態になります。
さらに乾燥が進んでバリア機能がより一層低下し、外部からの刺激をたくさん受けやすくなると乾燥を繰り返す肌になってしまうのです。

  • 乾燥を繰り返す肌とは、どのような肌ですか?

    湿疹、かゆみなどの症状、肌の乾燥が主な症状です。

    乾燥を繰り返す肌の主な症状は、湿疹とかゆみ。そして、多く方の肌が乾燥傾向にあることです。それらの症状がどのようなものか、改めてここで説明します。

    湿疹とは、皮膚表面に生じた炎症の総称です。赤みを伴うもの(紅斑)、表面が小さく盛り上がっているもの(丘疹)、皮膚の下に水分が溜まって小さい水ぶくれができた状態でかくと中の液体が出てくるもの(水疱)などがあります。

    かゆみは乾燥を繰り返す肌の方が最も苦しめられる症状でもあります。かゆい部分をかいたら気持ちよくてかきむしった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。かゆみは、布団に入るなどして肌が温まっているとき、リラックスしているとき、お仕事や勉強などで強いストレスを感じているときに起こりがちです。また、乾燥を繰り返す肌は季節性があるといわれていることから、夏にかゆくなる方と冬にかゆくなる方がそれぞれいらっしゃいます。

    そして、乾燥を繰り返す肌については、全年齢にわたって肌が乾燥傾向(乾燥皮膚,乾皮症,ドライスキン,アトピックスキン)であることが多いと言われています。この特徴は皮膚に炎症がないときには分かりにくいのですが、皮膚炎のあるときには顕著になります。肌がかさかさになったり、顔や体全体の肌がつっぱる感じがあります。皮膚組織はきめが粗くて赤みがあり、水分や脂質が不足した状態です。

  • どんな人が、どうして乾燥を繰り返す肌になるのでしょうか?

    遺伝要因と環境要因によって、肌(皮膚)のバリア機能が弱められることで起こります。
    乾燥を繰り返す肌になるきっかけについては、実はまだはっきりとわかっていないことも多くあります。
    ただ、乾燥を繰り返す肌になるきっかけには「遺伝要因」と「環境要因」がそれぞれあることがわかってきました。つまり、そもそも遺伝的に持っている肌の乾燥のしやすさ、年齢や生活環境などさまざま要因が重なり合うことで、乾燥を繰り返す肌になるという意味です。
    では、遺伝的要因としてよく語られる原因とは具体的にどのようなものかというと、
    〇これまでに、あなた自身がアレルギーと診断されたことがある
    〇あなたのご家族(親やきょうだい)が、アトピー、またその他のアレルギーと診断されたことがある
    〇アレルゲンに対して反応する抗体(IgE抗体)を作りやすい体質などが考えられています。
    アレルギーとは、私たちの体にとって異物となる存在(アレルゲン)が入ってきたときに、もともと体に備わっている免疫機能が反応して異物を排除しようとはたらく物質(抗体)がたくさん作られることにより起こる不具合のことを指します。

    しかし、こうした要因を持っている方が必ず乾燥を繰り返す肌になるというわけではありません。また、これらにあてはまらない方でも、乾燥を繰り返す肌になることがあることが知られています。
    また、乾燥を繰り返す肌を引き起こす環境的な要因としては、
    〇黄色ブドウ球菌
    〇ハウスダストやダニやカビなど
    〇汗
    〇ペットの毛
    〇食事バランスの乱れ
    〇夜型生活や睡眠時間の減少など生活習慣の乱れ
    〇ストレス
    などが知られています。これらは乾燥を繰り返す肌になる要因でもありますので、できるだけ排除できるよう日頃の生活においても心がけましょう。

乾燥を繰り返す肌の対策は

皮膚科医からのアドバイス

乾燥を繰り返す肌のために、あなた自身にもできることがあります。それは、スキンケアです。スキンケアは、主に肌の「洗浄」と「保湿」から成り立ちます。アトピーの方のお肌はバリア機能が低下しているため、アレルゲンをはじめとしたさまざまな刺激に影響を受けやすい状態です。肌の表面をやさしく丁寧に洗って清潔な状態にしてから、肌にやさしい低刺激・高保湿の保湿剤を塗ることで、お肌のうるおいをおぎない、バリア機能をサポートしましょう。


毎日のスキンケア

まず、保湿の習慣を身につけましょう

乾燥を繰り返す肌のスキンケアで最も重要なのは、保湿です。乾燥を繰り返す肌は、常に水分が失われやすい状態にあります。肌に水分を供給しつつバリア機能を補強して水分をキープできるように、毎日1~2回、定期的に顔とからだを保湿する習慣をつけましょう。肌にやさしく、保湿機能が高い製品をしっかり使い続けることによって、低下している肌のバリア機能の維持、回復ができる可能性もあります。
乾燥を繰り返す肌の方におすすめの保湿剤は、低刺激性で高保湿の保湿剤です。また、サンプルやトライアルセットなど肌に合う化粧品かどうかを確認してから使うことをお勧めします。


洗浄料

洗浄に使うのは石けんでもジェルやクリームなどの液体ソープでも大丈夫ですが、強い洗浄成分(界面活性剤)は、汚れを落とすという点では優れていますが、肌を守る意味では逆効果となりますので、肌にやさしい敏感肌用の洗浄剤を選びましょう。
選び方のポイントとして、肌に近い弱酸性(pHが4.5~6)かどうか、ラベルで確認してみてください。石けんにしても液体ソープにしても、すすぎ残りがあるとかぶれやかゆみの原因となるため、よく洗い流すことが大切です。あと洗浄剤に保湿成分を含んだものもありますので、そのような洗浄剤を使うのもよいと思います。


スキンケア

お風呂に入った後や朝の洗顔の後は特に肌が乾燥しやすいので、速やかに保湿剤を塗ることをお勧めします。その他、眠る前、皮膚科でもらった軟膏を塗る時など、都合のよいタイミングでかまいません。塗り忘れを防ぐためにも、毎日1~2回、保湿剤を塗るタイミングを決めておくとよいでしょう。

お肌の悩み

お肌のサポート

Bioderma Diary
BIODERMA LAB
2023_h2ofes
キャンセル

オンライン肌チェックは
こちら