5,000円(税抜)以上のお買い上げで送料無料

【全商品ポイント2倍】期間:2019年4月1日~4月26日 17時

  1. TOP
  2. お肌について
  3. 水分不足による乾燥肌

水分不足による乾燥肌

皮膚への働き

乾燥しがちか、皮脂が多い、又は混合肌かを問わず、あらゆる肌タイプの方が、水分が失われた「乾燥肌」になる可能性があります。特に入浴やシャワーの後に、顔や身体の肌に不快感が残る(つっぱりやカサカサ感)ため、ご自身でも水分不足な状態がわかります。慢性乾燥肌と、水分不足による乾燥肌の状態は非常に似ていますが、原因が異なるため、混同してはいけません。乾燥肌〜超乾燥肌の詳細はこちらをご覧ください。

  • 水分不足による乾燥肌の特徴は何ですか?

    水分不足による乾燥肌は、強いつっぱり感が続き、肌のツヤやすべすべ感が失われたようになります。かゆみを感じたり、洗顔の後のザラザラ感もあります。これは一時的な状態で、慢性乾燥肌とは違います。油性肌の場合でも水分不足による乾燥肌の状態になることがあります。

  • 水分不足による乾燥肌の原因は?

    水は空気同様に、人体に欠かせない要素です。大人の場合、体重の約65%を水分が占めています。例えば体重70kgの人は、約49リットルの水を保有し、その15%が皮膚に集中していると言われます。皮膚は水を貯める、いわば貯水池のような働きをしており、体の他の器官にも影響があり、水分は不可欠な要素です。皮膚はまた、外の環境と水分をやりとりする機能も果たしています。水分は肌の様々な層に含まれており、真皮から表面へと移動します。この水の流れは経表皮水分蒸散量(TEWL)と呼ばれます。角質層は皮脂膜で覆われ、保護されています。この膜には過剰に水分が蒸発しないよう調整する生理学的なバリア機能があります。この機能が損なわれると、肌から水分が失われる状態が加速し、真皮に含まれている水分が表皮まで循環しなくなり、水分不足による乾燥が起こりやすくなります。皮脂膜が適切に機能しなくなっている状態は、あらゆる肌タイプで水分不足による乾燥肌を引き起こす可能性がある要因にもなっています。
    〇寒さ、冬、風、汚染、紫外線などの環境
    〇タバコやアルコールなどの外部要因
    〇感情的要因、ストレスまたは疲労
    〇にきび薬または抗コレステロール薬などの特定の医療処置、そして
    〇強くゴシゴシと洗顔したり、肌を乾燥させる化粧品のご使用

  • 肌の水分調整機能とは?

    肌は水不足に非常に敏感なため、水分調節機能があります。
    1)肌の水分調節機能
    皮膚の70%は水で、真皮にその75%が含まれており、肌の強度に大きな役割を果たしています。表皮に潤いを与えるものは2つあります。ある層に止まる水分と、肌の層を行き来する水です。 水分調節は、これら2つの水分のバランスを保ち、肌の健康な状態を保ちます。また水分調整には大事な要素が 3つあります。天然保湿因子(NMF)、角質層にある脂質、そしてアクアポリンです。
    2)天然保湿因子(NMF)、水分調節係数
    NMFは、角質層内で水と結合することができる分子で、「角質の湿潤剤」とも呼ばれています。 一般的に最も知られているものでは、尿素や乳酸があります。 化粧品に使用される物質で同じ性質を持つものには、グリセリンやキシリトールが含まれます。

  • 水分と肌のバリア機能とは?

    角質層は「細胞間脂質」と呼ばれる脂質によって「接着」された、核のない細胞からできています。健康な肌は、この脂質が適切な量と質を保っていますが、一方で、脂質が不足したり、質が悪化した場合、肌のバランスが損なわれ、汗が増えたりして、経表皮水分蒸散が加速してしまいます。十分に肌が潤うためには、その水分を肌の中に保ち続ける必要があるため、角質層の「細胞間脂質」の働きが重要になります。

    「アクアポリン」とは?
    アクアポリンは、水が表皮内を動く水路のようなものです。これらのタンパク質は、表皮を生成する細胞ケラチノサイトで作られ、その膜に入って水分子を通過させます。これは肌には欠かせない働きです。肌の表皮は水分や栄養分を運ぶための血管がないため、細胞が必要とするすべての栄養分(ミネラル塩、ビタミン、栄養成分など)は、肌の深い部分からアクアポリンを通じて、表皮層に届けられます。アクアポリンがなければ、表皮は栄養を取ることができません。

  • 慢性乾燥肌と水分不足による乾燥肌との違いは?

    水分不足による乾燥肌は、表皮が水分不足により変化した一時的な状態で、水分不足による乾燥肌に適したスキンケア製品で修復することができます。表皮が水分不足になると、肌のバリア機能が妨げられ、不快感を覚えます。 一方で慢性乾燥肌や超乾燥肌は、水と脂質の両方が不足した特定の肌タイプのこと。長く続くために、水分不足の乾燥肌とは区別されます。 乾燥肌、超乾燥肌の詳細をこちらからご覧ください。

  • どのような人が水分不足による乾燥肌になりますか?

    特定の状況や特定の季節に、すべての肌のタイプの方が水分不足による乾燥肌になることがあります。

水分不足による乾燥肌対策は?

皮膚科医からのアドバイス

皮膚科医があなたの肌のタイプを確認し、仕事や生活環境の変化の影響、プールの水や、刺激の強い石けんまたはシャワージェルの使用、病気または投薬治療(抗コレステロールなど )などから分析します。 水分不足による乾燥肌の原因となる要因を特定できる場合は、できるだけ早くケアする必要があります。


毎日のスキンケア

水分不足による乾燥肌は、水分の動きが乏しくなったことが要因ですが、1日に1.5リットル以上の水を飲むことで、肌に水分を保つことができます。高温の部屋にいると、肌から水分が蒸発してしまいます。水分不足による乾燥肌を避けるためには、室内の湿度を適切に保つよう心掛けてください。 また、常に肌に優しい洗浄料やスキンケア製品をお使いになることも重要です。必要に応じて肌に優しい洗浄料やスキンケア製品を使用します(乾いた肌部分の面積や乾燥度に応じた、保湿乳液、クリームの使用など)。 その目的は、水分の過剰な蒸発を防ぎ、表皮に十分な水分量を保ち、ダメージを受けた肌のバリア機能を修復するためです。


洗浄料

顔だけでなく体にも、弱酸性で、脱脂力の強すぎる成分不使用で、例えばソープフリーの洗浄料など、肌に優しい製品をご使用ください。


スキンケア

洗顔後に1日2回、肌に水分を補うスキンケア製品をお使いになり、肌のバリア機能の修復を心掛けてください。 強い寒さや紫外線にさらされる場合も同様です。また、水泳後は、 プール水に含まれる塩素による肌の乾燥状態を防ぐため、肌に水分補給することを忘れないでください。

皮膚科医からのアドバイス

水分不足による乾燥肌についての詳しい内容は、お客様からのご質問と、それに対する皮膚科医やアレルギー専門医の回答をご覧ください。

  • インターネットでのお客様からのご質問

    夏の間に水分が失われた水分不足による乾燥肌は、冬になると乾燥するのでしょうか。 また、油分の多いスキンケア製品を使いすぎると、ニキビが出る恐れはありますか?

    医師からの回答

    1年を通して水分が不足した肌は、冬になるとさらに乾燥します。乾燥肌用のスキンクリームによるニキビを防ぐために、ノンコメドジェニックテスト済みの保湿クリームをお使いください。

  • インターネットでのお客様からのご質問

    冬の間、肌を保護する方法は?

    医師からの回答

    体と顔にソープフリーの洗浄料のご使用をおすすめします。

  • インターネットでのお客様からのご質問

    私の場合、冬の間にクリームを塗っても十分な潤いが得られないように感じます。 適切で確実に水分補給をするには、パックや美容液を使用する必要がありますか?

    医師からの回答

    週に1?2回保湿パックをすると、乾燥肌の保湿に効果が出る場合があります。

  • インターネットでのお客様からのご質問

    寒気は肌の潤いに良い効果があるんでしょうか?それとも マイナスの影響しかないのでしょうか。

    医師からの回答

    寒気はかなり肌には良くないと思います。 ただ、常に寒気や悪天候にさらされている国々の方が加齢したような肌に見えるのはその理由もあります。冬の乾燥肌対策について、詳しくはこちらをクリックしてください。

キャンセル